サポート LogMeIn へようこそ
Reset Search
検索

記事

Rescue Lens セッションの管理

« 戻る

Information

 
Body

技術者ができる操作

Rescue Lens セッションでは、技術者は以下の操作を実行できます。

要確認: 技術者が実際に利用できる機能のセットは、管理センターでグループ レベルで設定されます。

セッションを終了


セッションの保留


技術者がセッションを保留すると、ユーザー側でカメラ ストリーミングが一時停止され、技術者コンソールでセッションが [保留中] 状態になります。
セッションの転送


Rescue Lens セッションは、Rescue Lens を使用する権限を持つ技術者にのみ転送できます。

マイクおよびスピーカーを消音または消音解除にする

音声を使った Lens セッションの場合、技術者はセッション中、音声の接続をいつでも消音または消音解除できます。
制約事項: Mac 用の技術者コンソールでは、Lens 音声 を使用できません。
チャット
技術者は、ユーザーとチャットし、事前に定義された URL を送信できます。
ホワイトボード
ストリーミングされている画像に線を描いて、特定の範囲や物を強調することができます。 たとえば、取り外す必要がある部品や、注意が必要なスイッチを強調表示できます。

マルチオブジェクト追跡機能によって、ホワイトボードによる注釈は描画された画像に追随して表示されます。 たとえば、ユーザーが、丸を付けた部品からカメラを移動した場合でも、丸印はその部品に「追随して」移動するので、常に適切な部品が強調表示された状態になります。

ストリーミングされている画像に線を描くには、 [ホワイトボード オン] をクリックしてください。

ストリーミングされている画像から描画を消去するには、[描画を消去] をクリックします。

ホワイトボード機能は、iPhone 4 デバイスではサポートされていません。

停止


カメラのストリーミングを技術者とユーザーの両側で停止します。 静止した背景に描画できるので、ユーザーと対話しやすくなります。
画面記録

技術者は、Rescue Lens ツールバーの [画面記録] アイコンをクリックして、Rescue Lens セッション中のすべての画面上での活動を記録できます。

組織の技術者グループは、セッションを記録する権限を持つ必要があります。



Rescue Lens セッションの記録は、常に .mkv ファイル形式に保存されます。再生には VLC メディア プレイヤーを使用してください。

スクリーン キャプチャ
技術者は、Rescue Lens セッション中にスクリーン キャプチャを作成できます。

表示設定


技術者は、ビデオ ストリームのズーム設定で次のいずれかを指定できます。
  • 原寸大のサイズ
  • 親ウィンドウに位置を合わせる
  • 親ウィンドウに大きさを合わせる
  • カスタムのズーム % 値の指定
注: Rescue Lens では、利用可能な帯域幅に応じてビデオ ストリーミングの品質を自動的に調整する、適応型ビデオ品質による HD ビデオ ストリーミングが利用されます。 技術者が手動でビデオ品質を設定することはできません。
制約事項: Rescue Lens セッションでは、技術者の共同作業は利用できません。
重要: 高度な Rescue+Mobile サポート ツール (リモート制御、診断、トラブルシューティング ツールなど) を使用してモバイル デバイスをサポートするには、技術者が有効な Rescue+Mobile アドオン ライセンスを持っている必要があります。

ユーザーができる操作

Rescue Lens セッションでは、ユーザーは以下の操作を実行できます。

ユーザーの操作を映し出す Lens

チャット
ユーザーは技術者とチャットができます。 ユーザーは、上または下にスワイプすることで、モバイル デバイスの画面に表示されたチャット ダイアログを拡大したり最小化したりできます。
切断
ユーザーは、セッション中いつでも切断できます。
ストリーミングを一時停止
ユーザーは、セッション中いつでもストリーミングを一時停止できます。

ユーザーがストリーミングの一時停止をタップすると、カメラ ストリーミングのみが停止します。技術者コンソールでは、サポート セッションはアクティブなままです。

Rescue Lens がバックグラウンドに移行した場合も、カメラ ストリーミングが一時停止します。

音声を消音または消音解除にする
音声を使った Lens セッションの場合、ユーザーはマイクを消音できます。
重要: ユーザーのデバイスに電話がかかってきた場合は、Lens の音声接続は自動的に消音になります。
フラッシュライトをオンにする
ユーザーが暗い場所で作業している場合、このボタンをタップするとデバイスのフラッシュライトを点灯できます。
制約事項: Android のデバイスでは、フラッシュライトはカメラ ストリーミングがアクティブな状態の時のみ利用可能です。
ProductLogMeIn Rescue

フィードバック

 

   



Feedback

Please tell us how we can make this article more useful.

Characters Remaining: 255

 

閉じる X