サポート LogMeIn へようこそ
Reset Search
検索

記事

Web コンソール (Web Console) から SMS を使って Rescue Lens セッションを開始する

« 戻る

Information

 
Body

制約事項: 技術者は一度に一つのアクティブ Lens セッションのみ対応できます。
  1. Rescue Lens Web コンソール (Web Console) にログインします。

    要確認: Google Chrome を使用します。
  2. [新しいセッションの開始 (Start new session)] をクリックします。

    [新しいセッション (New Session )] ウィンドウが表示されます。
  3. [電話番号 (PHONE)] フィールドにユーザーの電話番号を入力します。

    暗証番号を含む SMS がこの電話番号に送信されます。
    ヒント: 先に進む前に、関連フィールドにユーザーのさらに詳しい情報 (名前、電子メール アドレス、チケット ID など) を入力できます。
  4. [SMS の送信 (Send SMS)] をクリックします。
  5. ユーザーに SMS メッセージを開くよう指示し、リンクをタップして Rescue Lens アプリを起動します。

    注: Rescue Lens アプリがまだユーザーのデバイスにインストールされていない場合、アプリをインストールするために Google Play または App Store にリダイレクトされます。
    注: ダウンロードの手順は、ユーザーのオペレーティング システムによって異なる場合があります。
    ユーザーに、チュートリアルが表示されることがあります。 その場合 [スキップ] または [OK] をタップします。
  6. ユーザーに対して、デバイスのカメラとマイクへのアクセスの許可が求められます。 ユーザーに、[OK] をタップするように指示します。

    この段階で、カメラの画像はすでにユーザーのモバイル デバイスに表示されることがありますが、技術者コンソールへは何もストリーミングされません。
  7. ユーザーにエンドユーザー ライセンス契約への同意を指示します。

    ユーザーが接続しました (Customer connected) というメッセージが Web コンソール (Web Console) に表示され、[セッションの開始 (Start Session)] ボタンがアクティブになります。

  8. [セッションの開始 (Start Session)] をクリックしてセッションを選択します。

    Rescue Lens のサポート セッションが開始されます。ライブ ビデオ入力が、ユーザーのデバイスのカメラから技術者にストリーミングされます。 Lens の音声により、ユーザーと技術者は VoIP 接続を使って通信できます。
ProductRescue Lens

フィードバック

 

   



Feedback

Please tell us how we can make this article more useful.

Characters Remaining: 255

 

閉じる X