サポート LogMeIn へようこそ
Reset Search
検索

記事

タイムアウトと警告を設定するには

« 戻る

Information

 
Body

LogMeIn Rescue 管理センター

  1. 組織ツリーで、対象の [チャネル] または [技術者グループ] を選択します。
  2. [設定] タブを選択します。
  3. [タイムアウト] で、以下のオプションを選択します。
    オプション説明
    暗証番号の有効期間 暗証番号またはリンクが有効な期間。 この期間を過ぎた後でセッションを開始しようとしたユーザーには、暗証番号またはリンクの有効期限が切れたというメッセージを表示します。
    接続中のセッションのタイムアウト時間 接続中のセッションが有効な期間。 指定の期限を過ぎたセッションは、技術者コンソールのキューから削除されます。
    待機中セッションのタイムアウト時間 待機中のセッション (キューにあり、まだピックアップされていないセッション) を技術者のキューから削除するまでの時間 (分単位)。 削除前のセッションは赤色で表示されます。 指定できる時間は 1 ~ 999 分です。 値が 0 の場合、タイムアウトはありません。
    アクティブなセッションのアイドル時のタイムアウト アクティブなセッションに対して、技術者もユーザーも操作を行わない状態が続いた場合に、セッションを終了するまでの時間 (分単位)。 一部の操作の実行中はタイムアウトが行われません。たとえば次のような操作です。リモート制御、画面共有、またはファイル マネージャのセッションを開いているとき、ファイル転送を保留中のとき、保存ダイアログを開いているとき、ホットラインの展開を保留中のとき。 指定できる時間は 1 ~ 999 分です。 値が 0 の場合、アクティブなセッションのタイムアウトはありません。 保留中のセッションはタイムアウトになりません。
    タイムアウトの警告 事前に定義した色を使って、タイムアウトおよび待機中のセッションの警告を強調表示します。 接続時間および待機時間は秒単位で指定できます。複数の警告により、技術者コンソールで待機中のセッションをエスカレーションすることもできます。
  4. 変更を保存します。
    • 現在のチャネルまたは技術者グループに設定を適用するには、[変更を保存] をクリックします。
    • 組織内のすべてのチャネルまたは技術者グループに同じ設定を適用するには、[設定をすべてのチャネルに保存] または [設定をすべてのグループに保存] をクリックします。
ProductLogMeIn Rescue

フィードバック

 

   



Feedback

Please tell us how we can make this article more useful.

Characters Remaining: 255

 

閉じる X