サポート LogMeIn へようこそ
Reset Search
検索

記事

URL 送信機能について

« 戻る

Information

 
Body

URL 送信機能は、CRM 連携 API (特に requestPINCode) と組み合わせて使用するもので、CRM やその他のアプリケーションとの包括的な連携機能を提供します。

URL 送信機能を使用すると、独自にホストしたサーバー スクリプトで Rescue のセッション データを適宜処理することができます。たとえば、データベース インポートやメール通知などの利用方法が考えられます。

動作の仕組み

  • Rescue 技術者がサポート セッションを開始します。
  • セッションの開始時や終了時に、セッションのデータが指定の URL へ HTTP Post 経由か XML 形式で送信されます。
  • 独自のスクリプトでデータを処理します。

URL 送信機能の変数

URL 送信機能で送られる変数を以下に示します。

[...] の部分は実際のデータ値になります。この方法では、指定の URL に XML 要求が送信されます。これを XML パーサーで処理することになります。

Rescue セッション データ説明
<sessionid>[...]</sessionid> Rescue セッション ID
<techid>[...]</techid> 技術者 ID
<techssoid>[...]</techssoid> 技術者のシングル サインオン ID (管理センターの [組織] タブで指定)
<techname>[...]</techname> 技術者名 ([組織] タブで指定)
<techemail>[...]</techemail> 技術者の電子メール ([組織] タブで指定)
<techdescr>[...]</techdescr> 技術者の説明 ([組織] タブで指定)
<cfield0>[...]</cfield0> [名前] フィールドに返された値 (管理センターの [グローバル設定] タブで指定)
<cfield1>[...]</cfield1> カスタム フィールド 1 に返された値 ([グローバル設定] タブで指定)
<cfield2>[...]</cfield2> カスタム フィールド 2 に返された値 ([グローバル設定] タブで指定)
<cfield3>[...]</cfield3> カスタム フィールド 3 に返された値 ([グローバル設定] タブで指定)
<cfield4>[...]</cfield4> カスタム フィールド 4 に返された値 ([グローバル設定] タブで指定)
<cfield5>[...]</cfield5> カスタム フィールド 5 に返された値 ([グローバル設定] タブで指定)
<tracking0>[...]</tracking0> トラッキング フィールドに返された値。通常は Rescue セッションと CRM のマッピングに使用
<chatlog>[...]</chatlog> 前回の送信以降に行われたすべてのチャットの内容
<notes>[...]</notes> 技術者が保存したノート
<waitingtime>[...]</waitingtime> [待機中] 状態になってからセッションが開始する ([アクティブ] 状態になる) までの秒数
<pickuptime>[...]</pickuptime> セッションが [アクティブ] 状態になった正確な時刻 (UTC)
<closingtime>[...]</closingtime> セッションが [終了] または [タイムアウト] 状態になった正確な時刻 (UTC)
<worktime>[...]</worktime> セッション中 (送信までの間) に技術者コンソールを実際に使用した秒数
<lastactiontime>[...]</lastactiontime> 技術者が技術者コンソールで最後に操作した正確な時刻 (UTC)
<transmitted>[...]</transmitted> セッション中 (送信までの間) に転送されたデータのバイト数
<platform>[...]</platform> ユーザー側デバイスのプラットフォーム
<tsurvey0>[...]</tsurvey0> 技術者レポートの質問 1 に返された値 ([設定] タブで指定)
<tsurvey1>[...]</tsurvey1> 技術者レポートの質問 2 に返された値
<tsurvey2>[...]</tsurvey2> 技術者レポートの質問 3 に返された値
<tsurvey3>[...]</tsurvey3> 技術者レポートの質問 4 に返された値
<tsurvey4>[...]</tsurvey4> 技術者レポートの質問 5 に返された値
<tsurvey5>[...]</tsurvey5> 技術者レポートの質問 6 に返された値
<tsurvey6>[...]</tsurvey6> 技術者レポートの質問 7 に返された値
<tsurvey7>[...]</tsurvey7> 技術者レポートの質問 8 に返された値
<tsurvey8>[...]</tsurvey8> 技術者レポートの質問 9 に返された値
<tsurvey9>[...]</tsurvey9> 技術者レポートの質問 10 に返された値

HTTP POST の使用

この方法では、URL の最後に付いた POST 変数でデータが送信されます。これは HTML フォームの送信と同じです。使用する変数の名前付けの方法は XML 形式の場合と同じです。
https://example.com/script.aspx]?SessionID=[...]&TechID=[...]&TechSSOID=[...]
&TechDescr=[...]&CField0=[...]&CField1=[...]&CField2=[...]&CField3=[...]&CField4=[...]
&CField5=[...]&Tracking0=[...]&ChatLog=[...]&Notes=[...]&WaitingTime=[...]
&PickupTime=[...]&ClosingTime=[...]&WorkTime=[...]&LastActionTime=[...]&Transmitted=[...]
&TSurvey0=[...]&TSurvey1=[...]&TSurvey2=[...]&TSurvey3=[...]&TSurvey4=[...]&TSurvey5=[...]
&TSurvey6=[...]&TSurvey7=[...]&TSurvey8=[...]&TSurvey9=[...]
注: HTTP POST による方法では実際の POST データを使用します。GET メソッドでは正常に動作しません。
ProductLogMeIn Rescue

フィードバック

 

   



Feedback

Please tell us how we can make this article more useful.

Characters Remaining: 255

 

閉じる X