サポート LogMeIn へようこそ
Reset Search
検索

記事

リモート制御の許可のデフォルトを設定するには (ホスト側ユーザーの同意)

« 戻る

Information

 
Body

リモート ユーザーがいつどのようにリモート セッションを開始できるかを制御できます。 たとえば、リモート ログインを試みるユーザーにホスト側ユーザーがアクセス許可を付与することを必須にできます。

  1. ホスト コンピュータの設定にアクセスします。
    • ホスト コンピュータから LogMeIn コントロール パネルを開き、次のパスに移動します。[オプション] > [設定] > [全般] を選択します。
    • クライアント デバイスからホスト コンピュータの [メイン メニュー] に接続し、次のパスに移動します。[設定] > [全般] を選択します。
  2. [ホスト側ユーザーの同意] で、以下のオプションを必要に応じて設定します。
    オプション説明
    ホスト側ユーザーからの同意を要求する[ホスト側ユーザーからの同意を要求する] を選択すると、クライアント ユーザーがリモート制御セッションを開始しようとしたときに、ホスト ユーザーによるアクセスの許可または拒否が必要となります。 このオプションをオフにすると、ホスト ユーザーからの許可がなくても、クライアント ユーザーがリモート制御セッションを開始できます。
    要求メッセージリモート制御の許可のダイアログ ボックスでホスト ユーザーに表示されるテキストです。 文字列 %USER% は、オペレーティング システム レベルで設定されたホストのコンピュータ名と、クライアント ユーザーのオペレーティング システムのアカウント ID を表します。 なお、管理者パスワードが空のコンピュータでは、アカウントは LogMeInRemoteUser が使用されます。
    ユーザーの同意の待ち時間リモート制御の開始許可の要求に対するホスト ユーザーの応答の時間制限を入力します。 この時間が経過した場合、[ユーザーが応答しない場合] フィールドの設定が適用されます。 最短で 3 秒、最長で 30 秒です。
    ユーザーが応答しない場合[リモート制御を開始する] を選択すると、[ユーザーの同意の待ち時間] フィールドで設定した制限時間内にホスト ユーザーが応答しなかった場合でも、リモート制御セッションを開始します。 [要求を拒否する] を選択すると、ホスト ユーザーが応答しなかった場合にはリモート制御セッションは拒否されます。
    次の場合はユーザーの同意を待たない[リモート ユーザーはホスト コンピュータへのフル コントロールのアクセス権を保持する] を選択した場合、クライアント ユーザーがホストに対してフル コントロールのアクセス権を持つときには、リモート制御を常に開始できます。 [ホスト側ユーザーが不在の場合] を選択した場合、ホスト コンピュータにログオンしているユーザーがいないときや、ホスト コンピュータがロックされているとき、あるいはホスト コンピュータのスクリーン セーバーがアクティブなときでも、クライアント ユーザーはリモート制御を常に開始できます。
  3. [OK] または [適用] をクリックします。

    設定は直ちにホストに適用されます。
ProductLogMeIn Pro

フィードバック

 

   



Feedback

Please tell us how we can make this article more useful.

Characters Remaining: 255

 

閉じる X