サポート LogMeIn へようこそ
Reset Search
検索

記事

ピア接続の設定を変更するには

« 戻る

Information

 
Body

ピア接続の設定を使用して、ネットワーク メンバーがクライアントに接続する方法を設定します。 これらの接続パラメータは、完全モードで実行されているクライアントに対してのみ変更できます。

この手順はクライアント上で実行する必要があります。


  1. [設定] タブで、ページの下部にある [詳細設定] リンクをクリックし、詳細設定を表示して、以下のオプションから選択します。これらのオプションは [ピア接続] セクションにあります。
    オプション説明
    認証ピアの認証方式を選択します。
    IP プロトコル モード他のピアとの通信に使用するインターネット プロトコルの種類を選択します。以下のオプションがあります。
    • IPv6 のみ
    • IPv4 のみ
    • 両方 (デフォルト)

    [IPv6 のみ] モードを使用する場合には、以下の制限があります。

    • Windows XP では、デフォルトで IPv6 がサポートされません。 [IPv6 のみ] オプションまたは [両方] オプションを選択すると、Windows の IPv6 機能をインストールして有効にすることを求めるメッセージが表示されます。
    • クライアント間で Hamachi トンネルを確立してピアを Ping したり、閲覧したりできるのは、両方のクライアントで同じ IP プロトコル モードの使用を許可している場合のみです。 例えば、クライアント A が [IPv6 のみ] モードを使用している場合、このクライアントと通信するクライアント B は、[両方] または [IPv6 のみ] プロトコル モードを使用する必要があります。 この制限は、チャットとインスタント メッセージには影響しません。
    • IPv6 対応の Mac クライアントは、AFP モードでの閲覧のみ可能です。
    暗号化スニフィング対策を強力に行う場合は、このオプションを選択します。業務で使用する場合は、暗号化を使用することを強くお勧めします。このオプションを使用すると、送信側と受信側の両方の CPU に、ごくわずかに負荷がかかることがあります。このオプションは、完全モードで実行されているクライアントでのみ使用できます。
    圧縮大量のデータ転送を迅速に行う場合は、このオプションを選択します。帯域幅が限定されている状況では圧縮が特に有効です。このオプションは、完全モードで実行されているクライアントでのみ使用できます。
    トラフィック フィルタピアからの受信トラフィックをブロックする場合は、このオプションを選択します。信頼されていないトラフィック、保護されていないトラフィック、すべてのトラフィックをブロックできます。トラフィックをブロックしないという選択肢もあります。
    ローカル UDP アドレス他のピアとの接続で使用する UDP アドレス (オプション) を定義します。
    ローカル TCP アドレス他のピアとの接続で使用する TCP アドレス (オプション) を定義します。
    mDNS 名の解像度を有効にするIP の競合を解決できるマルチキャスト DNS サポートを有効にするには、このオプションを選択します。
    LLMNR 名の解像度を有効にするDNS サーバーがないネットワークにあるコンピュータの名前を解決する追加の手段を提供する Link-Local Multicast Name Resolution (LLMNR) を有効にするには、このオプションを選択します。
  2. [OK] または [適用] をクリックして設定を保存します。
ProductLogMeIn Hamachi

フィードバック

 

   



Feedback

Please tell us how we can make this article more useful.

Characters Remaining: 255

 

閉じる X