サポート LogMeIn へようこそ
Reset Search
検索

記事

自動認証を設定するには

« 戻る

Information

 
Body

LogMeIn Central には、ホスト証明書をクライアント コンピュータに安全に保存できる設定が用意されています。 これによって、同じクライアント コンピュータから次回接続するときのホスト コンピュータへの認証を自動化できます。

  1. ユーザー プロファイルで自動認証が有効になっていることを確認します。
    1. www.LogMeIn.com でログインします。
    2. 画面の最上部で [設定] > [高度なセキュリティ] をクリックします。
    3. [コンピュータのログイン資格情報の保存] で、[ホスト コンピュータの資格情報をクライアントに保存するオプションを提供する] が選択されていることを確認します。
      ヒント: このセクションが使用できない場合、または灰色で表示されている場合は、この機能を使用する権限がありません。 アクセスを許可されたコンピュータのアカウントの LogMeIn Central アカウント ホルダに連絡し、[ログイン資格情報の保存を許可] 権限を付与してもらってください。
  2. ホスト コンピュータで自動認証が有効になっていることを確認します。 ホスト コンピュータに適用されるホスト設定パッケージで [ログイン資格情報の保存を許可します] が選択されている必要があります。 ホスト設定パッケージが適用されていない場合は、このオプションはデフォルトで有効になります。
  3. ホスト コンピュータに再接続し、認証の間に [資格情報を保存する] ボックスを選択します。 Windows または Mac の認証情報が、クライアント コンピュータに安全に保存されます。
次に同じクライアント コンピュータから同じホスト コンピュータにログインするときには、認証ウィンドウが一時的に表示されますが、ユーザー名またはパスワードを入力する必要はありません。 保存されている資格情報が自動的にホスト コンピュータに送信されます。

自動認証を無効にしますか? ホスト コンピュータに接続した後、(詳細モードの場合) ホスト コンピュータのダッシュボードの上部または (コンパクト ビューの場合) メイン メニューにある [保存済みの資格情報を削除する] をクリックします。

ProductLogMeIn Central

フィードバック

 

   



Feedback

Please tell us how we can make this article more useful.

Characters Remaining: 255

 

閉じる X