サポート LogMeIn へようこそ
Reset Search
検索

記事

ホストへのクライアント側ドライブの接続を許可する (ホスト設定)

« 戻る

Information

 
Body

クライアント側ユーザーは、クライアント側ドライブをホストに接続できます。

ホスト設定パッケージを適用できるのは、LogMeIn Windows ホスト コンピュータだけです。

この機能を使用できるユーザーホスト設定パッケージ機能を利用できるのは、LogMeIn Central Premier または Plus 利用期間のすべてのアカウント ホルダと、Premier または Plus アカウントで [設定管理] 権限を持つユーザーです。

ホスト設定パッケージで、設定およびセキュリティ設定を定義し、LogMeIn アカウント内にある Windows ホスト コンピュータに展開できます。
  1. ホスト設定パッケージは次のように作成します。
    1. LogMeIn Central で、[設定] > [ホスト設定] 画面へ移動します。
    2. [パッケージの追加] をクリックします。 [新規ホスト設定パッケージ] ページが表示されます。
    3. 新しいホスト設定パッケージの名前を指定します。
    4. [保存] をクリックします。
  2. [分類] で、[リモート制御] を選択します。
  3. [ドライブの接続] で、以下のオプションがあります。
    オプション説明
    ドライブの接続を有効にする クライアント側ユーザーは、クライアント側ドライブをホストに接続できます。
    重要: リモート制御セッションの間にホストとクライアントを実装に接続するには、[リモート制御] ツールバーの [オプション] > [ドライブの接続] をクリックします。
    接続されたクライアント側ドライブに対するホスト側の優先ドライブ文字 クライアント コンピュータから接続されたドライブを示すためにホスト コンピュータで使用する文字を選択します。 指定したドライブ文字が使用できない場合は、次に空いている文字が使われます。
    ホストへのクライアント側ハード ドライブの接続を許可する クライアント上のハード ドライブをホストに接続できます。
    ホストへのクライアント側リムーバブル ドライブの接続を許可する クライアントに接続されているリムーバブル ドライブ (ペン ドライブ、デジタル カメラ、MP3 プレーヤなど) をホストに接続できます。
    ホストへのクライアント側ネットワーク ドライブの接続を許可する クライアントに接続されたネットワーク ドライブをホストに接続できます。
    ホストに接続されたクライアント側ドライブのディレクトリ フォーマット 説明を最初に置く : winxp32(C)。 ドライブ文字を最初に置く : (C)winxp32
    接続されたドライブを書き込み保護する リモート制御中、クライアント コンピュータ側ユーザーがホスト コンピュータ上のファイルを交換できないようにします。 ホスト コンピュータのすべてのファイルは、リモート ユーザーに対して読み取り専用になります。
  4. ホスト設定パッケージへの設定の追加を続行します。 追加が完了したら、[終了して、すべてを保存] をクリックします
  5. ホスト設定パッケージを次のようにコンピュータまたはグループに割り当てます。
    1. LogMeIn Central で、[設定] > [ホスト設定] 画面へ移動します。
    2. [編集] をクリックするか、または割り当てるホスト設定パッケージの隣の [ここをクリックして割り当て] をクリックします。
    3. 左右の矢印を使用して、コンピュータおよびグループを選択します。
    4. [保存] をクリックします。
ProductLogMeIn Central

フィードバック

 

   



Feedback

Please tell us how we can make this article more useful.

Characters Remaining: 255

 

閉じる X