サポート LogMeIn へようこそ
Reset Search
検索

記事

ホスト コンピュータにアクセスできるユーザーを制御する (ユーザー アクセス制御)

« 戻る

Information

 
Body

適切な権限のないユーザーが接続しようとしたときの動作は?

ユーザー アクセス制御の適切な権限のないユーザーがログインを試みた場合、エラー 4320 ("オペレータまたは管理者が要求を拒否しました") となる場合があります。

LogMeIn アカウントとの関係は?

ユーザー アクセス制御を適用する対象は、LogMeIn アカウントではなく、Windows アカウントまたは Mac アカウントです。自分の LogMeIn アカウントにコンピュータが表示されても、そのホスト コンピュータに実際にアクセスするためのオペレーティング システム レベルのアクセス権を持っていない場合があります。

ユーザー アクセス制御では、組織のメンバが個々のホスト コンピュータで行える操作を細かく制御できます。
  • 例えば、"Server One" というサーバーがあるとします。
  • "Server One" には、LogMeIn Central アカウントを通じてアクセスできます。
  • LogMeIn Central アカウントのユーザーは "Technician1" と "Technician2" です。
  • "Server One" には、(1) "Administrator"、(2) "Technician1"、(3) "Technician2" という 3 つの Windows ユーザー アカウントがあるとします。
  • "Technician1" と "Technician2" は、"Server One" の標準ユーザーまたは制限付きユーザーとして設定されています。
  • この場合 Administrator は、LogMeIn Central にログインし、"Server One" にアクセスします。"Server One" への認証には、Windows の Administrator の資格情報を使用します。
  • "Technician1" と "Technician2" が自らの資格情報を使用して "Server One" にログオンできるのは、Administrator が "Server One" にログオンし、LogMeIn でユーザー アクセス制御を適切に設定した場合に限られます。
ProductLogMeIn Central

フィードバック

 

   



Feedback

Please tell us how we can make this article more useful.

Characters Remaining: 255

 

閉じる X