サポート LogMeIn へようこそ
Reset Search
検索

記事

リモート制御に関する展開可能なホスト設定

« 戻る

Information

 
Body

これらの設定はリモート制御のさまざまな面を制御します。

要確認: この機能を使用するには、Plus または Premier 利用期間が必要です。

全般の設定

ファースト・パス: 設定 > ホスト設定 > [個別ホスト設定パッケージ] > 分類 > [リモート制御]

ゲストの招待
ホスト側のユーザーは、他のユーザーを招待し、デスクトップ共有機能でそのホストにアクセスできるようにします。
ディスプレイ アクセラレータを使用する
ディスプレイ アクセラレータは、リモート制御セッションを高速化して CPU 負荷を小さくします。 動画再生や DoS ベースのアプリケーション、グラフィックを多用するアプリケーションをリモート制御で使用した際の問題 (表示の消滅や、リモート制御を開始しようとするとホスト コンピュータが再起動する、など) を解決する場合は、このオプションをオフにします。
ホスト コンピュータ上の壁紙およびユーザー インターフェイス効果を無効にする
ホスト コンピュータのデスクトップの壁紙とすべてのユーザー インターフェイス効果がリモート制御の間は無効になります。 メニューの影、ウィンドウのドラッグ時の軌跡などのすべてのユーザー インターフェイス効果がリモート制御の間は無効になります。
クリップボードの自動転送の最大サイズ
ホスト コンピュータとクライアント コンピュータの間でクリップボード同期を使用してデータを転送するときの最大データ サイズ (KB) を入力します。
要確認: リモート制御の間にホストとクライアントの間でコピーと貼り付けを行うには、リモート制御ツールバーで [同期クリップボード] を有効にする必要があります。
Ctrl+Alt+Del のホットキーの組み合わせ
リモート制御の間にホスト コンピュータに Ctrl+Alt+Del コマンドを送信するために使用するキーボード ショートカットを選択します。
色の品質 (デフォルト)
リモート制御セッションは、選択した色の品質モードで開始します。 [HD] は最も大きなネットワーク帯域幅を必要とします。 利用可能な帯域幅がわからない場合は、[自動] を選択します。 ホスト コンピュータのユーザー自身が色の品質を設定できるようにするには、[ホストユーザーによる設定を使用] を選択します。

セキュリティ

ファースト・パス: 設定 > ホスト設定 > [個別ホスト設定パッケージ] > 分類 > [リモート制御]

ホスト キーボードおよびマウスの無効化
リモート制御の間にホスト コンピュータ側のユーザーがマウスまたはキーボードを使用できないようにします。 クライアント コンピュータ側のユーザーだけがデータを入力できます。
ホストの画面を消去
リモート制御の間にホスト コンピュータ側のユーザーがクライアント コンピュータでの作業を見ることができないようにします。 リモート セッションがアクティブな間、ホスト コンピュータ デバイスの物理画面には何も表示されません
注: この機能を有効にしてリモート セッションを開始すると、DPMS (Display Power Management Services) ドライバのインストールを求められます。 モニタ、ビデオ カード、マザーボード、または BIOS によっては、DPMS をサポートしていない場合があります。 DPMS ドライバに関する問題が発生する場合は、ハードウェア ベンダーに問い合わせてください。
接続が失われた場合はロックする
リモート制御中にクライアント コンピュータが切断したとき、ホスト コンピュータのオペレーティング システムを強制的にロックします。
接続がタイムアウトになった場合はロックする
リモート制御中にクライアント コンピュータがタイムアウトしたとき、ホスト コンピュータのオペレーティング システムを強制的にロックします。
リモート制御の後は必ずホスト コンピュータをロックする
リモート セッションが終了したとき、ホストのオペレーティング システムを常に強制的にロックします。
デスクトップへの 1 クリック ログインを許可
リモート制御で接続しているとき、ホスト コンピュータを簡単にロック解除できるようにします。 保存されている Windows の資格情報を 1 回のクリックで送信することが求められます。 ホスト コンピュータにアクセスするすべてのユーザーが有効なユーザー名とパスワードを入力して手動で認証を受ける必要があるようにする場合は、このオプションをオフにします。
ローカルのキーボードおよびマウスを優先する
クライアント デバイスでのすべてのキーボードおよびマウスの操作が、ホスト コンピュータで操作が行われる前に処理されるようにする場合は、このオプションを選択します。 つまり、リモート制御セッションを実行しているユーザーの操作が、制御対象のコンピュータの前に座っているユーザーの操作よりも先に処理されます。
リモート制御中にドラッグ アンド ドロップを無効にする
ホストとクライアントの間でドラッグ アンド ドロップを行えないようにします。

視覚および聴覚による通知

ファースト・パス: 設定 > ホスト設定 > [個別ホスト設定パッケージ] > 分類 > [リモート制御]

リモート制御セッションの開始と終了に合わせてビープ音を鳴らす
リモート制御セッションの開始時と終了時にホストでビープ音を 1 回鳴らす場合は、このオプションをオンにします。
リモート制御中に断続的にビープ音を鳴らす
リモート制御の状態にあるとき、ホスト コンピュータでビープ音を鳴らします。 [ビープ音の間隔] フィールドで間隔を設定します。
ビープ音の間隔
リモート制御中のホストでビープ音を鳴らすときの音の間隔を入力します。
キーボード インジケータ ライトを点滅
リモート制御中にホストのキーボードで Number Lock、Caps Lock、Scroll Lockの各ライトを点滅させます。

ホスト側ユーザの同意

ファースト・パス: 設定 > ホスト設定 > [個別ホスト設定パッケージ] > 分類 > [リモート制御]

ホスト側ユーザーからの同意を要求する
クライアント コンピュータ側のユーザーがリモート制御セッションを開始しようとしたときに、ホスト コンピュータ側のユーザーがアクセスを許可または拒否する必要があるようにします。 このオプションをオフにすると、ホスト ユーザーからの許可がなくても、クライアント ユーザーがリモート制御セッションを開始できます。
ユーザーが応答しない場合
[ユーザーの同意の待ち時間] フィールドで設定した制限時間内にホスト ユーザーが応答しなかった場合でも、リモート制御セッションを開始する場合は、[リモート制御を開始する] をオンにします。 ホスト ユーザーが応答しなかった場合にはリモート制御セッションを拒否する場合は、[要求を拒否する] をオンにします。
ユーザーの同意の待ち時間
リモート制御の開始許可の要求に対するホスト ユーザーの応答の時間制限を入力します。 この時間が経過した場合、[ユーザーが応答しない場合] フィールドの設定が適用されます。
要求メッセージ
リモート制御の許可のダイアログ ボックスでホスト ユーザーに表示されるテキストです。 文字列 %USER% は、オペレーティング システム レベルで設定されたホストのコンピュータ名と、クライアント ユーザーのオペレーティング システムのアカウント ID を表します。 なお、管理者パスワードが空のコンピュータでは、アカウントは LogMeInRemoteUser が使用されます。
リモート ユーザーはホスト コンピュータへのフル コントロールのアクセス権を保持する
[ホスト側ユーザーからの同意を要求する] フィールドの設定を上書きする場合は、このオプションをオンにします。 フル コントロールまたはリモート制御 "D" 権限のあるユーザーは、ホスト ユーザーの許可がなくてもリモート制御を開始できます。 『LogMeIn ユーザー ガイド』の「LogMeIn でユーザーのアクセス権を指定するには」を参照してください。
ホスト側ユーザが不在の場合
ホストにログオンしているユーザーがいないときや、ホストがロックされているとき、あるいはホストのスクリーン セーバーがアクティブなときでも、クライアント ユーザーがリモート制御を常に開始できるようにする場合は、このオプションをオンにします。

リモート印刷

ファースト・パス: 設定 > ホスト設定 > [個別ホスト設定パッケージ] > 分類 > [リモート制御]

リモート印刷の使用
クライアント側ユーザーは、印刷出力をホストからクライアントに接続されたプリンタに送ることができます。
ビットマップ印刷の強制
LogMeIn リモート印刷機能を使って印刷した資料が適切に印刷されない (左右が逆、正しくないレイアウト、文字化けなど) 場合は、このオプションをオンにします。 ビットマップ印刷は低速ですが、信頼性があります。

ドライブの接続

ファースト・パス: 設定 > ホスト設定 > [個別ホスト設定パッケージ] > 分類 > [リモート制御]

ドライブの接続を有効にする
クライアント側ユーザーは、クライアント側ドライブをホストに接続できます。
重要: リモート制御セッションの間にホストとクライアントを実装に接続するには、[リモート制御] ツールバーの [オプション] > [ドライブの接続] をクリックします。
接続されたクライアント側ドライブに対するホスト側の優先ドライブ文字
クライアント コンピュータから接続されたドライブを示すためにホスト コンピュータで使用する文字を選択します。 指定したドライブ文字が使用できない場合は、次に空いている文字が使われます。
ホストへのクライアント側ハード ドライブの接続を許可する
クライアント上のハード ドライブをホストに接続できます。
ホストへのクライアント側リムーバブル ドライブの接続を許可する
クライアントに接続されているリムーバブル ドライブ (ペン ドライブ、デジタル カメラ、MP3 プレーヤなど) をホストに接続できます。
ホストへのクライアント側ネットワーク ドライブの接続を許可する
クライアントに接続されたネットワーク ドライブをホストに接続できます。
ホストに接続されたクライアント側ドライブのディレクトリ フォーマット
説明を最初に置く : winxp32(C)。 ドライブ文字を最初に置く : (C)winxp32
接続されたドライブを書き込み保護する
リモート制御中、クライアント コンピュータ側ユーザーがホスト コンピュータ上のファイルを交換できないようにします。 ホスト コンピュータのすべてのファイルは、リモート ユーザーに対して読み取り専用になります。

リモート サウンド

ファースト・パス: 設定 > ホスト設定 > [個別ホスト設定パッケージ] > 分類 > [リモート制御]

リモート サウンドを有効にする
ホストのすべてのサウンドをクライアント上で再生できるようにします。
ホストの音を消す
ホスト コンピュータのサウンドをクライアント コンピュータでは再生し、ホスト コンピュータ自体では再生しないようにします。 この機能を使用すると、ホスト コンピュータの周囲にいる人に迷惑をかけることなく、ホスト コンピュータの音を聞くことができます。
エンコードの質
ホスト コンピュータから転送するサウンドの品質レベルを選択します。 高品質は、接続が高速の場合にのみ推奨します。
ProductLogMeIn Central

フィードバック

 

   



Feedback

Please tell us how we can make this article more useful.

Characters Remaining: 255

 

閉じる X