サポート LogMeIn へようこそ
Reset Search
検索

記事

ホットラインによる接続方法について

« 戻る

Information

 
Body

LogMeIn Rescue のホットラインは、チャネル接続とプライベート接続の両方に対応しています。

サポートが必要になったユーザーは、ホットライン アイコンをクリックするだけで、社名入りのホットライン アプレットを開くことができます。

他の接続方法とは違い、ホットラインはユーザーの PC にインストールしないと使用できません。 デスクトップ ショートカットまたはクイック起動のアイコンとして配置しておき、ユーザーがこれをクリックすることで、プリインストールしたホットライン アプレットを起動できます。

ホットラインは、MSI インストーラの形で企業の Web サイトからダウンロードしてもらうこともできるし、相手のユーザーとの初めての Rescue セッションの際に技術者コンソールを通じて技術者が自動的に配置することもできます。

ホットラインは、テキスト、ロゴ、画像、カラー変更など、外観をカスタマイズできます。 Calling Card カスタマイズの高度なオプションについては、『LogMeIn Rescue Customization and Integration Guide (LogMeIn Rescue カスタマイズと連携ガイド) (英語のみ)』を参照してください。

重要: ホットラインは、ユーザーが Mac を使用する場合は使用できません。

手順の概要: ホットライン

  • Rescue 管理者が管理センターでチャネル用のホットライン インストーラを生成します。
  • Rescue 管理者が技術者グループに対してホットラインの配置を許可します。
  • Rescue 管理者がホットライン インストーラを技術者グループに対応付けます。
  • オプション: Rescue 管理者は、ホットラインの外観をカスタマイズできる
  • ユーザーがホットライン アプリケーションをダウンロードするか、技術者が技術者コンソールを使って展開する
  • ユーザーは、ホットラインを開き、特定の技術者またはホットラインに関連付けられたチャネルを通して取得された暗証番号を使ってサポート組織に接続する
  • サポート セッションが、暗証番号を提供した特定の技術者、またはチャネルに関連付けられた技術者グループのチャネル キューに割り当てられる
  • 特定の技術者、または技術者グループに属するオンライン技術者が、サポート セッションをアクティブにする

ホットライン接続の利点

  • インストール後、ホットラインは 1 クリックで起動し、ダウンロードを必要としない使いやすい接続を提供する
  • ブランド化により、自社の存在をユーザーのデスクトップにまで視覚的に拡張できる
  • レイアウトを動的に変更して、特別オファーやマーケティング メッセージなどを告知できる
  • 各ホットラインはチャネルに対応しています。
要検討事項 :
  • ユーザーが昼夜を問わず接続してくる可能性があるため、Rescue 管理者は「対応可能な技術者がいません」設定を使って営業時間外の接続を処理する必要がある
  • 複数のユーザーがセッション要求を発行した場合、Rescue 管理者は動的チャネルとチーム再振り分けを使用してピークタイムゾーンのトラフィックを制御する必要がある
  • Web 開発者やグラフィック デザイン リソースが、カスタマイズや統合のために必要な場合がある
ProductLogMeIn Rescue

フィードバック

 

   



Feedback

Please tell us how we can make this article more useful.

Characters Remaining: 255

 

閉じる X